夏は涼しく、冬暖かい家

家造りを行う上で誰もが住宅に求めることが「夏は涼しく、冬暖かい家」であることではないでしょうか。これを実現させるためには、風の通り抜けやすい間取りにすることで夏を涼しくすることができたり、家の中に寒さを入れず熱を逃さないための技術である気密や断熱にこだわることで冬の暖かさを実現していくことができます。使用する断熱材やそれに合った断熱工法を取り入れるようにしておきましょう。

それに加えて、熱の出入り口で一番大きな窓の気密・断熱性も非常に重要となります。暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。そして、冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓の重要性は言うまでもありません。そこで遮熱高断熱Low-E複層ガラスを取り入れるといいのです。

これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。この特殊金属膜は、太陽光線のなかで可視光線を最大限に透過させ、赤外線・紫外線を大幅にカットしてくれるのです。そこで期待できるのが省エネ性です。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。冬場の窓ガラスに発生する嫌な結露を大幅に抑制してくれるので健康な住空間をつくってくれるのも嬉しい点です。間取りや断熱材、そして窓に注目し「夏は涼しく、冬暖かい家」を実現させたいものですね。

Comments are closed.

This entry was posted on 火曜日, 8月 21st, 2018 at 3:50 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.