普段も便利、災害時にも安全な収納

中規模の地震でも、ラック類や装飾品が倒れたりします。

キッチンでは食器棚が倒れたり、中の食器が飛び出したりして、大切な食器が壊れる事があります。食器棚には転倒防止金具をつけ、耐震マットを使い、ガラス扉にフィルムを張り、扉に耐震ロックをつけるなどの対策をしましょう。

作りつけの棚などに食器を収納する場合、地震の被害を軽くする収納方法があります。作りつけの棚は、食器棚より地震には強いですが、更に、大皿、小皿、それぞれグループ分けして、プラスティックのケースに収納します。上段は使用頻度の低い食器、下段は使用頻度の高い食器を収納しますが、高いところも奥の方も出しやすく、万一、中で割れたときにも安全でお掃除もしやすいです。使いやすい収納は、安全な収納でもあるのです。

カゴは100円ショップで購入します。必ず棚の奥行やお皿を縦にして高さが足りるかどうかなどをチェックしてから購入しましょう。奥行きはぴったりでも、お皿を縦にすると、カゴにおさまらないこともあります。カラー選びも慎重にしましょう。

バスルームのボトル収納も安全な方法にしましょう。
シャンプーなどのボトル製品や簡単なお掃除グッズは、バスルーム内のタオルかけにボトルケースを取りつけ、ぶら下げ方式で収納します。ボトルを棚に並べていると、底のカビなどが気になりますが、中に穴があいているケースなら水も溜らず、お掃除も楽です。地震の時も、倒れて中身がこぼれださず、問題ありません。ボトルケースを買うときは、ボトルが入るかどうかと、引っかけるポールの太さに注意しましょう。

物が多くて片付かないままだと、災害時の危険も増えます。防災にも役立つ収納アイデアを実践しましょう。

Comments are closed.

This entry was posted on 金曜日, 11月 17th, 2017 at 2:12 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.