中二階スペース

我が家は家を建てることを決め、数多くの住宅を見学してきました。その中で我が家にもぜひ取り入れたいと思ったスペースがありました。それは、一階と二階を繋ぐ階段の途中に多目的に使用できる中二階スペースです。

中二階スペースは、一階との繋がりを感じられるだけでなく、二階にいる家族の気配も身近に感じられます。家族がどこに居ても一体感を感じられることで、安心度も高まります。一階のLDKから中二階スペースへしっかり目が行き届き、また中二階スペースからは一階の様子が見渡せるような造りにすることで、より多目的に使用できる空間となるのです。

まだ小さな子どもの遊ぶスペースとして利用させます。キッチンで夕飯の支度をしながら、中二階スペースで遊ぶ子どもの様子が把握できれば安心して家事をすることができます。また子どもも一階を覗けば親の顔が目に入るので安心して遊びに集中できるのです。逆に大人が使用するパソコンスペースや書斎スペースとして使用しても、一階で遊ぶ子どもの様子を確認しながらも、自分だけの時間を楽しむことができるのです。一階との一体感を感じながらも中二階スペースで過ごす時間は個室にいるかのような気持ちにもしてくれるので特別な空間が広がるのです。

ここにはカウンターを備え付けておけば、子どもが遊ぶ時にも、パソコンをしたり、読書をする時にも重宝します。子どものスタディコーナーとして利用させてもいいのです。階段は通常通路でしかないのですが、その階段途中に多目的スペースを設けることで、一階と二階の存在がより近くに感じられるので家族の繋がりを大事にできる家になるのではないでしょうか。

Comments are closed.

This entry was posted on 金曜日, 8月 12th, 2016 at 9:26 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.