スタディコーナー

子ども達が勉強する場所は二階に設けている子ども部屋ではありません。家族が身近にいるリビングやダイニングで勉強をする子どもがほとんどです。このリビング学習は子どもの学力が向上すると言われています。その理由は勉強途中に変わらないところや質問したいところがあれば近くにいる親にすぐに質問することができます。スムーズに勉強が進められます。また親が近くにいることで安心して勉強に打ち込めるのです。親にとっても勉強している子どもの姿がしっかりと目に入るというのは安心できます。

またキッチンで夕飯の支度をしながら宿題のチェックも行えるので家事の手を止める必要がないので家事効率を下げることもありません。リビング学習をする子どもが多いので最近でダイニングやリビングにスタディコーナーを設ける間取りが多いです。高額な学習机を購入するよりもスタディコーナーを設けて子ども達がリビングやダイニングでより勉強しやすい環境を整えておく方がいいのかもしれません。

スタディコーナーがなければダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強をするでしょう。食事をするダイニングテーブルで勉強をすれば食事の度に勉強道具を片付けなければいけませんし、消しゴムのカスが散らかると衛生的によくありません。またリビングのローテーブルだと身長に合わず姿勢を悪くして勉強への集中力も欠いてしまいます。

このようなことにならないようにスタディコーナーを設けて子どもがより快適な環境で勉強できるようにするのです。我が家はダイニングの窓際にスタディコーナーを設けました。子ども達が二人並んで勉強できる広さを確保し、カウンター下には勉強道具を片づけられるように収納スペースを設けました。子どもの学力を向上させたいのであればスタディコーナーは欠かせませんね。

Comments are closed.

This entry was posted on 木曜日, 1月 21st, 2016 at 2:05 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.