夏は涼しく、冬暖かい家

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りを行う上で誰もが住宅に求めることが「夏は涼しく、冬暖かい家」であることではないでしょうか。これを実現させるためには、風の通り抜けやすい間取りにすることで夏を涼しくすることができたり、家の中に寒さを入れず熱を逃さないための技術である気密や断熱にこだわることで冬の暖かさを実現していくことができます。使用する断熱材やそれに合った断熱工法を取り入れるようにしておきましょう。

それに加えて、熱の出入り口で一番大きな窓の気密・断熱性も非常に重要となります。暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。そして、冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓の重要性は言うまでもありません。そこで遮熱高断熱Low-E複層ガラスを取り入れるといいのです。

これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。この特殊金属膜は、太陽光線のなかで可視光線を最大限に透過させ、赤外線・紫外線を大幅にカットしてくれるのです。そこで期待できるのが省エネ性です。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。冬場の窓ガラスに発生する嫌な結露を大幅に抑制してくれるので健康な住空間をつくってくれるのも嬉しい点です。間取りや断熱材、そして窓に注目し「夏は涼しく、冬暖かい家」を実現させたいものですね。

リモコンニッチ

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家はLDKの中央部分の壁に大きさのあるニッチを設けて、そこをリモコンニッチ兼飾り棚兼充電ステーションとして利用しています。最近では壁の厚みさえも無駄にしない家造りが積極的に取り入れられています。壁を凹ませて設けられるニッチは、スペースに影響しないという点が大きな魅力です。

リビングには照明スイッチをはじめ、エコキュート、インターホンモニターや太陽光モニターなど壁に取り付けるものが多いです。これらを全て壁に取り付けるとごちゃごちゃした印象を与えてしまいがちですし、生活感を与えてしまいます。そこで壁を凹ませニッチ内にこれらを取り付けることで壁がスッキリとして生活感を感じさせにくくなります。

大きさのあるニッチを3等分にして中央をこのリモコンニッチとして利用しています。中央部分が一番スイッチのオン・オフをしやすかったからです。その上は飾り棚として利用しています。お気に入りの雑貨や家族写真を飾ることでLDKのアクセントになっています。そして、一番下部にはコンセントを設け、ここでスマホやタブレット、携帯用ゲーム機を充電しています。

壁の厚みを利用して設けられたこのニッチは友人達からも非常に人気です。外壁面は断熱材が入るためニッチを設けることができなかったり、内壁面は柱や筋交の影響でサイズや位置が限られてしまうこともあるのですが、有効に使える壁を上手に利用してニッチを設けてみてはいかがでしょうか。

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅において窓の存在が非常に重要でることをご存知ですか。採光や採風の確保はもちろんのこと、どこに窓を設置するかで風の通りや空気の流れも変わります。視線や防犯性も変わってきます。そして、気密性や断熱性も非常に重要です。誰もが「夏は涼しく冬あたたかい家」ということを希望します。冷暖房に頼ることなくエコな暮らしを送りたいものです。

冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓の断熱性が非常に大切であることが一目瞭然です。そこで最近では、遮熱高断熱Low-E複層ガラスが多く用いられています。

これは、2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。この特殊金属膜は太陽光線のなかで、可視光線を最大限に透過させ、赤外線・紫外線を大幅にカットします。夏は、太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上にも役立つのです。しみやそばかす、カーテンや家具の色あせの一因となっている紫外線を大幅にカットしてくれ、住まいと人の健康を守ってもくれるのです。冬の窓の結露抑制にも期待できます。
快適な住まいを目指すならばまずは窓に注目するといいのではないでしょうか。

失敗しないパートナー選び

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りを進めるにあたりまずは依頼する業者を選ぶことから始まります。そして、この業者選びこそが家造りにおいて最大のポイントなのです。希望に合った、または希望以上の住まいが完成するかどうかは最適のパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。

しかし、ハウスメーカーから地域密着型の工務店まで併せると数多くの業者が存在するだけに自分達に合った一社を選び出すというのは意外と難しいのです。そこでまず自分がハウスメーカーに向いているのか、工務店に向いているのかを見極めることから始めてみるのがいいと思います。

例えは、住宅への希望が不明確なうえに自分で考えるのは面倒という人は、提案力のあるハウスメーカーが向いています。このようなタイプの人が工務店に依頼すると提案を待ち切れずに不満が募ってしまうかもしれません。逆に建築主として自分が何を求めているのか、住宅への希望やこだわりを明確に伝えることができる人は、家造りのプロセスを一つ一つ楽しむことがでいる工務店が向いているでしょう。一緒につくりあげていく気持ちで臨むことで、完成した時の満足感や達成感は一層高まりますし、こだわりが活かされた住まいを完成させることができるのです。

ハウスメーカーと工務店によって予算も変わってきます。同じ仕様の家を造るなら、広告宣伝費など余計な費用がかからない工務店の方が安くつくることができるのです。予算も頭に入れ自分達に合った一社を選びましょう。

普段も便利、災害時にも安全な収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

中規模の地震でも、ラック類や装飾品が倒れたりします。

キッチンでは食器棚が倒れたり、中の食器が飛び出したりして、大切な食器が壊れる事があります。食器棚には転倒防止金具をつけ、耐震マットを使い、ガラス扉にフィルムを張り、扉に耐震ロックをつけるなどの対策をしましょう。

作りつけの棚などに食器を収納する場合、地震の被害を軽くする収納方法があります。作りつけの棚は、食器棚より地震には強いですが、更に、大皿、小皿、それぞれグループ分けして、プラスティックのケースに収納します。上段は使用頻度の低い食器、下段は使用頻度の高い食器を収納しますが、高いところも奥の方も出しやすく、万一、中で割れたときにも安全でお掃除もしやすいです。使いやすい収納は、安全な収納でもあるのです。

カゴは100円ショップで購入します。必ず棚の奥行やお皿を縦にして高さが足りるかどうかなどをチェックしてから購入しましょう。奥行きはぴったりでも、お皿を縦にすると、カゴにおさまらないこともあります。カラー選びも慎重にしましょう。

バスルームのボトル収納も安全な方法にしましょう。
シャンプーなどのボトル製品や簡単なお掃除グッズは、バスルーム内のタオルかけにボトルケースを取りつけ、ぶら下げ方式で収納します。ボトルを棚に並べていると、底のカビなどが気になりますが、中に穴があいているケースなら水も溜らず、お掃除も楽です。地震の時も、倒れて中身がこぼれださず、問題ありません。ボトルケースを買うときは、ボトルが入るかどうかと、引っかけるポールの太さに注意しましょう。

物が多くて片付かないままだと、災害時の危険も増えます。防災にも役立つ収納アイデアを実践しましょう。

造り付け家具

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りを行う際には家具にも注目してみて下さい。生活をする上で欠かせない家具を建物のサイズや雰囲気に合わせて造りつけてみてはいかがでしょうか。家具を造り付けることの魅力は、建物にピッタリのサイズの家具を設けられることで床から天井までを有効に活用できることです。収納力を高めることもできますし、凹凸がないことで室内の印象もスッキリとさせることができるのです。隙間がないことでお掃除のしやすさも高まります。

また自分好みの素材、色味、収納量やデザインを取り入れることができます。使い勝手の良さを高められるため利用のしやすさだけでなく、好みのデザインゆえに家具への愛着も高まり大事に使う心掛けにも繋がります。住まいの雰囲気に合わせた色味やデザインにできるだけでなく、手持ちの家具との調和を合わせることもできるのです。室内の統一感をより高められます。

また、耐震性にも優れているのです。日本は地震大国でもあるだけに地震への備えは家造りおいても重要です。大きな地震の際に、家具の下敷きになってしまうこともあります。家具を造り付けることでこのような危険性を低減させることができ、住まいの安全性を高められるのです。

しかし、最近では海外で生産された非常に安価な既製品家具も多いです。素材や仕様にこだわることで非常に高価な家具となってしまうこともあります。また、部屋のレイアウトを変更したいと思っても建物に合わせて家具を造り込んでいるので、移動が難しいのです。これらのデメリットを踏まえながら家具にも目を向けて家造りを進めてみてはいかがでしょうか。

二階のホール

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家の二階のホールは6帖の広さを確保しました。このホールを中心に各部屋へ行き来するため二階には廊下がありません。最近ではこの廊下がデッドスペースとして考えられてきました。廊下がないことで各スペースをより広々と効率よく利用することができます。二階には廊下がなく、このホールで各空間が繋がるのです。

壁にはカウンターを造りつけました。子ども達がスタディーコーナーとして利用してもいいですし、主人が書斎スペースとして利用することもあります。反対側の壁一面には天井いっぱいに広がる壁面収納を設けました。部分的には扉を設けて収納しているものを隠せるようにしました。

下部は子ども達のおもちゃや絵本を収納しています。おもちゃは収納カゴを揃えて見た目がスッキリとして見えるように気をつけました。部分的にはお気に入りの雑貨を飾ったり、写真を飾っています。見せる収納と隠す収納を上手に組み合わせた壁面収納は生活感を感じさせず、収納力も抜群です。扉付き収納には二階で使用する箱ティッシュなどの日用品や主人の仕事の書類など目に触れるとインテリア性を損なったり、生活感を感じさせるものを収納しています。この収納を設けたことで6帖の空間がスッキリとしています。

子ども達が遊ぶキッズスペースとして利用したり、寝る前の時間を家族で過ごす場としても利用しています。二階ホールは吹き抜けに面して設けられているので一階との繋がりも感じられ家族の一体感の高い住まいとなっています。

洗面室の収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

洗面室には収納しておきたいものが意外と多いです。タオル類はもちろんのこと、洗濯機を設置することから、洗濯関連用品も収納しておきます。洗剤などのストック品だけでなく、浴室で使用するシャンプーやボディーソープのストック品までも収納しておきます。それだけでなく、下着や部屋着、パジャマまでもこの洗面室に収納しておくと便利なのです。

例えば帰宅時、洗面室で手を洗います。そして部屋着に着替えることも多いと思いますが、洗面室にこの部屋着を収納しておけば、二階のクローゼットまで取りに行く必要がなくなります。手洗いと同じ場所で移動することなく、部屋着に着替えられれば住宅内の無駄な動きを省くことができます。また入浴前の下着の準備や、パジャマの準備をし忘れても、必要な物が脱衣所に揃っているので便利です。

広さに余裕のある家庭ではここにファミリークローゼットを設けてもいいと思います。洗面室でお化粧をしたり、ヘアセットをしたりと身だしなみを整えます。その場所と同じ空間に衣類までも収納しておけば、トータルコーディネートができ、外出を今までよりスムーズに行うことができるのです。

洗面室の収納を充実させることで暮しをより豊かに感じることができるようになります。以前は洗面室の広さの平均が1坪でしたが、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が人気となっています。暮らしの快適性を高めるのであれば、まずは洗面室に注目してみるといいのかもしれません。

和室の空間

Read full article | コメントは受け付けていません。

洋風の住宅が増えていく中、和室の空間が減ってきているように思えます。私の周りの友人宅にも和室のない家が圧倒的に多いです。私は輸入住宅に憧れる一方で狭いスペースでもいいので畳の和室の空間がほしいなと考えています。それは自分の住み育った環境が畳の部屋だったからでしょう。畳の空間はどこかフローリングの部屋よりも落ち着きを感じます。

最近では洋風のフローリングのリビングと和室が繋がった和洋折衷のリビングが増えてきました。洋風デザインと和風のデザインをうまく調和させることでテイストの違う空間でも統一感が生まれてきます。フローリングでは休憩するのにゴロンとなりにくいですが、畳の空間にゴロンと横になれるのは最高の安らぎとも言えるでしょう。洋室と和室の床面に段差をつけることで違った素材の床材やクロス、そして照明であっても違和感なくくつろげることでしょう。段差が低すぎればつまずいてしまいますし、高すぎれば部屋に圧迫感を与え統一感が失われてしまいます。段差の高さには十分配慮しなければなりません。

畳の良さは畳そのものの性質にもあります。畳は吸湿性や吸音性に優れています。い草の香りも畳独特の特徴です。高温多湿の日本には湿気の調整として畳が活躍してくれるのです。横になったり、素足で歩いても感触の良さは言うまでもありません。最近は畳の素材やサイズ、色は増えてきて、洋風住宅の家でも融合しやすい和室空間を造り出すことができます。洋風のものが主流になっていますが、和室に欠かせない畳の良さを再認識して日本本来の和室の空間も大切にしていきたいものです。

中二階スペース

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家は家を建てることを決め、数多くの住宅を見学してきました。その中で我が家にもぜひ取り入れたいと思ったスペースがありました。それは、一階と二階を繋ぐ階段の途中に多目的に使用できる中二階スペースです。

中二階スペースは、一階との繋がりを感じられるだけでなく、二階にいる家族の気配も身近に感じられます。家族がどこに居ても一体感を感じられることで、安心度も高まります。一階のLDKから中二階スペースへしっかり目が行き届き、また中二階スペースからは一階の様子が見渡せるような造りにすることで、より多目的に使用できる空間となるのです。

まだ小さな子どもの遊ぶスペースとして利用させます。キッチンで夕飯の支度をしながら、中二階スペースで遊ぶ子どもの様子が把握できれば安心して家事をすることができます。また子どもも一階を覗けば親の顔が目に入るので安心して遊びに集中できるのです。逆に大人が使用するパソコンスペースや書斎スペースとして使用しても、一階で遊ぶ子どもの様子を確認しながらも、自分だけの時間を楽しむことができるのです。一階との一体感を感じながらも中二階スペースで過ごす時間は個室にいるかのような気持ちにもしてくれるので特別な空間が広がるのです。

ここにはカウンターを備え付けておけば、子どもが遊ぶ時にも、パソコンをしたり、読書をする時にも重宝します。子どものスタディコーナーとして利用させてもいいのです。階段は通常通路でしかないのですが、その階段途中に多目的スペースを設けることで、一階と二階の存在がより近くに感じられるので家族の繋がりを大事にできる家になるのではないでしょうか。